顕微鏡 第52巻▶第3号 2017
■特集:最近の磁気イメージングの話題

局所磁化方向検出可能なカー効果顕微鏡の開発と空間磁場検出への応用

目黒栄,斉藤伸

ネオアーク株式会社,東北大学大学院工学研究科

要旨:一括撮像式カー効果顕微鏡は磁気カー効果による偏光変化を光強度変化に変換して磁性体の磁区を観察する装置である.その特長として,非接触・非侵襲,高磁場印加可能,動的磁化過程解析可能,広範な磁区寸法に対応可能という点が挙げられ,磁性体研究者に広く用いられている.カー効果顕微鏡の高性能化は,偏光の微小変化を空間的・時間的にいかに高分解能かつ高コントラストに検出するかという点に注力し進められてきた.また,高性能化の進展により高品位磁区像の取得が可能になったことから磁区観察のみならず,磁区内局所磁化方向の2次元および3次元検出への取り組みも行われてきた.本報ではこれらの観察技術を概説するとともに,顕微鏡拡大光学系を応用展開したセンチメートル寸法磁区の縮小光学系技術による観察や,磁気転写膜の磁気光学効果を用いた空間磁場イメージングの試みについても紹介する.

キーワード:磁気カー効果,磁区観察,磁化方向検出,プローバ,空間磁場検出