電子光学設計技術分科会 第7回研究会開催案内

電子光学設計技術分科会 第7回研究会

2015年度和文誌にて「日本における超高速電子顕微鏡開発の現状」が特集されてから5年が経過し、
当時の試行錯誤の開発段階から、着実に技術が確立しつつあります。
本研究会では、電子源、電子光学系に焦点を当て、実用化に向けた成果と課題を議論します。
皆様のご参加、ご議論をお待ちしております。

【日  時】2020 年2 月26日(水) 13:00-17:00 (懇親会 17:00-18:30)
【場  所】日立製作所基礎研究センタ鳩山サイト(アクセスには連絡バス)
日立基礎研への交通案内はこちら
【定  員】30名
【参 加 費】無料(但し、懇親会費:\4,000)
【参加登録】締切:2020年2月17日(月)(定員30名.定員に達し次第締切ります)
      Eメール:yoichi.ose.zp@hitachi-hightech.com へ下記情報をお知らせ下さい。
      (a) 所属、氏名、電話番号、Eメールアドレス
      (b) 懇親会参加の有無、領収書の宛名
      (c) 連絡バス利用の有無(座席数制限により調整をお願いする場合があります)
        往路(①高坂駅発12:25、②高坂駅発11:55、③その他)
        帰路(④基礎研発18:45、⑤基礎研発17:15、⑥その他)

◆ 第7回研究会プログラム
開会あいさつ (13:00-13:05)
(1)(13:05-14:00) 日立製作所研究開発グループ 品田博之
「原子分解能・ホログラフィー電子顕微鏡の紹介」と実機見学
(2)(14:00-14:20) 日立製作所研究開発グループ 川崎猛
「世界最高レベルの輝度をもつ極高真空磁界重畳型cold-FE電子銃の開発と
輝度の限界について」
(3)(14:20-14:55) 大阪大学産業科学研究所 楊金峰
「相対論的フェムト秒電子線パルスを用いた電子顕微鏡の開発」
(10分休憩)
(4)(15:05-15:40) 東北大学多元物質科学研究所 上杉祐貴
「超短パルスレーザーによる電子ビーム変調技術の検討」
(5)(15:40-16:15) 名古屋大学未来材料・システム研究所 桑原真人
「コヒーレント偏極電子線を用いたパルス電子顕微鏡と量子統計」
(6)(16:15-16:50) 日立製作所研究開発グループ 森下英郎
「高輝度単色パルス電子銃向け光励起電子源のSEM応用」
総合討論 (16:50-17:00)
懇親会 (17:00-18:30)

共催 文部科学省先端研究基盤共用促進事業アトミックスケール電磁場解析プラットフォーム