電子顕微鏡大学

第32回電子顕微鏡大学

主催:日本顕微鏡学会

第32回(2022)電子顕微鏡大学

 電子顕微鏡大学は、電子顕微鏡や付随する分析機器について、動作の基礎理論から、測定・解析時の注意事項などを、それぞれの手法を専門とする講師が丁寧に解説する、基礎を中心とした講義です。主に材料系の初級~中級の電子顕微鏡ユーザーを主な対象としています。
 電子顕微鏡大学は、1991年に第一回を開催して以降、年1回計30回を対面での座学形式で開催してきました。二日間にわたる十数コマの講義だけでなく、基礎を網羅した充実したテキストや、講義後のQ&A集の作成など、改良を重ねながら多くの方々に受講していただきました。
 前回2021年(第31回)からは、Q&A集の作成などの個々の疑問に対する対応といった、それまでの特長も継続しつつ、オンラインでのオンデマンド配信を試行しており、地域や時間に制限されない受講が可能になっています。
 電子顕微鏡の操作は慣れたものの基礎を深めたい方だけでなく、さらに分析など手法の基礎を広く学びたい方に最適です。
 多くの方のご参加をお待ちしています。

開講予定のお知らせ

 

開催の方法等は以下の通りです。


【開催方法】 講義はオンラインでのオンデマンドビデオ配信形式で実施します。

・講義配信期間は2022年11月上旬の2週間【11月4日(金)~17日(木)】を予定しています。
・配信終了後、11月28日(月)に、オンラインパネルディスカッション(ライブ)を開催予定(二時間程度)。
・講義終了後に受講者からの質問を募り、講師からの回答を集めたQ&A集を作成して配布します。
・テキストは講義配信前に冊子体(A4版、約300ページ)を送付します。Q&A集は電子ファイル(PDF)で年度末までに配布します。

【講義科目・内容】 「開講のお知らせ」ファイル内に、前回の講義リストを掲載してあります。今回も講師と担当科目に変更は無い予定です。
【申込方法】 下記リンク先よりお申込みください。
申込み受付開始は、2022年8月1日(月) です。受付期間は10月3日(月)までとしますが、それ以前でも定員に達した時点で締め切ります。
【定 員】 120名
【受講料】 (日本顕微鏡学会会員の受講料は不課税、その他は税込となります)
一般:
・会員・賛助会員(各団体5名まで)・連携学協会会員:15,000円
・非会員:26,000円
学生:
・学生会員・連携学協会会員:3,000円
・非会員 6,000円

▶非会員の場合,申込みと同時に日本顕微鏡学会への入会手続きをいただいた場合は今年度末までの会員資格と,会員資格での受講として扱います。入会手続きは下記をご覧ください。

▶受講料振込方法等については, 申込み完了後に、登録したメールアドレスに「受講申込み完了通知」が届きます。
メールが届きましたら、申込締切日(2022年10月3日)までに、メール記載の銀行口座に受講料をお振込みください。
(恐れ入りますが、振込手数料はご負担願います)
受講費の請求書と領収書はウェブページ上で発行します。
【問合せ先】 申し込みに関するお問い合わせ:
電子顕微鏡大学ヘルプデスク
FAX:03-5227-8632  E-mail:jsm-denken@bunken.co.jp

講習の内容等に関するお問い合わせ:
第32回(2022年度)電子顕微鏡大学実行委員長 原 徹(物質・材料研究機構)
E-mail: jsm-denken-daigaku@ml.nims.go.jp

過去の電子顕微鏡大学

名称 開催日 開催地
第31回電子顕微鏡大学 2021年11月4日〜17日 オンライン
第30回電子顕微鏡大学 中止
第29回電子顕微鏡大学 2019年7月4〜5日 東京
第28回電子顕微鏡大学 2018年7月3〜4日 東京
第27回電子顕微鏡大学 2017年7月6〜7日 東京
第26回電子顕微鏡大学 2016年7月7〜8日 東京